しかし、私は…

しかし、私はそのような商売には乗らなかったのだ。

なんせ、復旧したところで、検索エンジンに登録できない、誰にも知られないドメインなのだ。

ドメインを捨てることに何の躊躇もなかった。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

心機一転の再出発